職住隣接物語

札幌で在宅ライフワークをしている人

スノーブーツを買ったのには理由がある

スノーブーツを買ったわけ

 

 

 

ゴム長のブランドと言えば小樽のミツウマ

 

念のため雪国で暮らしたことがない人のために説明しておこう。少なくとも札幌では夏靴と冬靴という使い分けをする。夏タイヤと冬タイヤみたいなものだ。ノーマルとかスタッドレスなどとは言わない。スノーブーツなんて恥ずかしくて言えない。なにかっこつけてんのさ*1と言われるのがオチである。

雪かきのときはゴム製長靴、いわゆるゴム長を履く。最近はオシャレな長靴もあるが、ゴム製長靴のブランドと言えば小樽のミツウマで育った。雪かき以外の時は滑り止めの付いた防水の丈の短い靴を履く。仕事では革靴、プライベートでは合成繊維でできた軽い靴を履く*2のが地元民の証である。実用的なのはハイカット、ショートブーツくらいの丈である。

 

運動不足になると血行が悪くてしゃっこくなる

 

冬の運動といえば雪かきだ。新雪は軽いと思いがちだがそんなことはない。街中で降る雪は水分を含んだ湿雪になりやすく見た目より重い。さらに車の通行をよくするために除雪車が入ったあとの後始末となると肉体労働である。ただ雪が降ったとき、除雪車が入ったときだけの運動で、雪が降らなければ運動はしない。

冬のスポーツを止めてから10年以上になる。最近は冬になると出歩かない。出かけるときはほとんど車である。一昨年に心臓を患ってからは冬場は家の中に居ることが多い。そうなると心臓のポンプが十分に働かなくなり、手足の先がしゃっこく*3なる。こんなことになるとは考えてもいなかった。冬でも運動をすることが大切なのだ。

 

 

 

運動不足の解消に外を出歩くことにした

 

医者にも言われている、運動しなさいと。とは言ってもスポーツをやる気はない。ジムにも通う気もしない。雪がなければウォーキングか自転車に乗って出かけるのだが、雪道を自転車に乗るのは危険だ。そこで残されたウォーキングをするかということになりそうだが、散歩にとどまることにした。

冬の散歩用に適した靴を持っていたのだが、防寒力も防水力も落ちてしまっていた。なによりも3年前に履いたきりなのでどこにいったか分からない。むかし履いていたL.L.Beanのハンティングブーツっぽいのが欲しくなった。公式サイトを見るとスノーブーツもある。散歩だけに25000円をかけるか・・。

 

L.L.Beanにしようか、ワークマンにしようか

 

このところユニクロとワークマンでしかこの手の商品は買っていない。ワークマンの公式サイトを見ると2900円、ゼロが1つ少ない。ただ欲しかった色は売切れだ。他のサイトを探せばL.L.Beanに似たような靴がある。もちろん質も違うだろうが、散歩に質を要求すべきだろうかと自問自答する。

ネットで買い物をする時には、公式サイト>amazon>楽天>ヨドバシの順で見ていく。もちろん公式サイトで買うのが一番よいのだが、予算と手持ちポイントと使用頻度を考えて最終決定する。今回はポイント利用で楽天リーベイツ経由で買うことにしたL.L.BeanではなくL.L.Bean風の安価の靴にした。

 

 結論は

 

まずは散歩のでかけなけば宝の持ち腐れだよ、と言われたのが応えた。できればモノは増やしたくない。一度履いてやっぱりL.L.Beanが欲しいと思ったらメルカリのお世話になろうと思う。

 

 

L.L.Bean ワークマン ロコンド

 

 

*1:北海道弁ではないがよく使う

*2:北海道弁では手袋も履くという

*3:北海道弁で冷たくの意味