職住隣接物語

札幌で在宅ライフワークをしている人

2021年からは在宅ワークと在宅ライフでワーク・ライフ・バランスを考える

在宅ワークと在宅ライフでワーク・ライフ・バランスを整える

2020年も終わりに近づいているのにバタバタぜよ

この時期になんか体の調子が悪いとコロナかと自分で疑ってしまう。症状がなくても無症状コロナかもしれない。そういうときはじっと引き籠るしかないのだろうか。持病持ち、高齢者予備軍としては心配なのだ。

パソコンサポートは今年いっぱいで止めます~これからの高齢社会に向けて

ワンストップでサポートを受けれるのは便利だろう、それでもパソコンサポートは今年いっぱいで止めます

Apple3セットの魅力にに負けそうだ・・

iPhone12 mini 欲しい iPad Air 欲しい Mac mini 欲しい

病気持ちの健康法を知りたいですか?

病気持ちには病気持ちなりの健康法がある、と言いたいところだが、病気持ちはなにをやっても健康法になる。病気は回復することもあれば、どんあことをやっても回復しないこともある。現状より悪くならないように心がけることが何よりの健康法かもしれない

6時半起床で生活リズムを整え快適に暮らす

生活リズムを整えるためには1日に巣アートが重要だ。いつ目覚めるあではなく、いつ起床するかに心がける。リズムを保つためにはスタート時間を決めるが、終わりの時間を決めないことがポイントだ。

平均的人間はお好きですか?

今年の年末年始は新型コロナでひっそりするか、それともいつもどおりの年末年始を送って新型コロナに浸るか、あなたならどちらを選ぶでしょうか?

ワインを飲みながら菅内閣の政策を展望する

ワインを飲みながら菅内閣の政策を展望するーーー酔っぱらいの独り言

アナログ派・デジタル派・中間派が混在する時代

コロナは終わっていないが従来の対面会議を行うことも増えてきた。もちろんオンライン会議もあり、アナログとデジタルの併用社会になったように思えたのだが...

職住隣接に音楽とゲームは欠かせない

在宅ワークは孤独だという人もいるが、私は在宅ワークのほうが集中できる。集中するには音楽とゲームは欠かせない。そのわけは...

マイ・ルールとルーティン

マイルールとルーティン、似ているようで違う。習慣でも癖でもないが継続することで力が付き、その力を発揮できる。私の場合は...

仕事と生活する場所を分けるより大事なこと

職場行う仕事を自宅でするのではなく、自宅で行う仕事を職場で行う。起点が異なるので比較にはならない。仕事と生活の時間が分けることができれば場所はどこでもいい。

朝活は止めた、代わりに家活を始めた

朝活を辞めたのは心リハからのアドバイス、朝は血液がドロドロなので朝起きて直ぐの運動は避けてくださいと。朝活を止めても仕事の効率は変わらない。虫と体調はいいかもしれない。

職住隣接のヒルメシ、今日は「冷やしうどん」

職住隣接暮らしの基本は外食はしないことだ。打ち合わせ、気分転換は別だが外に仕事を持ち出すことはない。今日はくそ暑かったので、冷たいうどんを作ってみた。本当はあそこのうどんが喰いたいのだが・・

今ごろWindow7からWindows10に替えたんですか・・

Windows10初心者にとってアップデートが何なのか、どうしてこんなに時間がかかるのか、途中で止めてもいいのか・・と疑問があるのはわかるが...

自然災害?人的災害?複合災害?

地震、風水害は自然災害、ネットのウィルスは人的災害、新型コロナはどっち? 日本では自然災害が多いので災害予防も災害対策も自然災害ベースで考えてしまう。ここらで変えなければ日本の未来に良い時代(令和)は訪れないかもしれない…

リモートワークでもビジネスはスピードが「命」

在宅ワークは在宅ワークのルールを作る必要がある。長年の習慣・慣習は在宅ワークには合わないが・・

心筋梗塞後の減塩生活で朝食はワンパターン

心筋梗塞を発症していら源泉生活を送っている。減塩生活では塩味だけが薄味なるのではなく、甘み・酸味・辛みも薄味なる。ただしうま味だけは濃くなった…

Rakuten Miniが届いてから1ヵ月が経った

Rakuten miniを使って1ヵ月が経った。おもちゃみたいなスマホ、そんなに小さかったら失くすんじゃ、と言われる中、首にぶら下げながら使っている。さてその使い心地はと言うと…

なんの進歩もない新型コロナ情報

「東京都で新たに過去最多の224人の感染確認」とニュースを賑わしている。おまけに都知事に再選したばかりの小池知事と西村経済再生相が緊急会談に記者会見を行っている。ひっ迫していないので緊急事態宣言を出さないというのなら、都知事再選のお披露目とし…

午前中の電話は勘弁して欲しいのだが・・

在宅ワークが日の目を見てやっと自宅で働いていることが認められた気分だ。ただし午前中の電話はこれからも対応できない・・

スマホでマイナポンとを申し込めなかった原因とは

マイナポイントの申し込みをスマホで行おうと思ったがつながらない、そんな相談が舞い込んできた。相変わらず面倒な手順だったが・・

今度はスマホサポートが始まりそうだ

新型コロナで在宅ワークを中心にしたパソコンサポートが終わったと思ったら、今度はスマホサポートだ。リモートでサポートを・・

移動方法もシンプルに考えてみよう

新型コロナで移動自粛が行われた。在宅ワークでも最低限の移動を行わなければ暮らしていけない。人はなぜ移動するのだろうか。シンプルに考えると移動には2つの目的がある。

パソコンのサポートはやめたのに

新型コロナ騒動下でのパソコンサポート騒動・・、サポートが終わったと思ったら在宅ワークを続ける検討に入ったそうだ。社内のルールを在宅ワークに当てはめようというところから間違っているのだが・・

楽天miniと楽天サポートセンター

楽天miniを手に入れた。小さいスマホが欲しかった。さらにキャンペーンで本体1円、楽天UNLIMIT1年無料という特典とくれば申し込まない手はない。ところがだ…

いまさらテレワーク、いまどきリモートワーク

テレワークという用語が生まれたのが1970年代だというから半世紀も前のことである。そのころは携帯もなければFAXも家庭にはなかった時代だ。遠距離恋愛ならぬ遠距離勤務も憚られる時代に生まれた用語だ。

在宅ワークは労働力不足の解消になるのか

アフターコロナでは在宅ワークが普及するといわれているが、在宅ワークが可能なのは一部の業種と一部の業務である。おそらくは3人に1人が在宅ワークに移行できればよいほうだろう。

新型コロナで変わったこと、分かったこと

新型コロナで産業全体が停滞したために北京には青空が戻ったそうだ。「中国は熱狂の国だ」と言う人もいる。なにか1つのことを徹底的に後先考えずに行う国のようだ。よく中国共産党についての論評は耳にするが、中国人についてはどのような国民性があるのかは…

クイックアシストの便利さと危うさ

「クイックアシスト」はとても便利な機能なのだが、使い方や危険性を理解してもらうのに時間がかかる。「クイックアシスト」には遠隔操作と相手の画面だけを見る「ビューワー(閲覧)」としての機能がある。